LINE(ライン)の2つ目のアカウントを同じ1つのスマホで取る方法(裏技)

LINEは通常、1つの電話番号で1つのアカウントしか取れません。これが意外と不便。

プライベートと仕事を分けたい人もいたり、色々な理由で2つのアカウントがあると便利ですよね。

LINEの2つ目のアカウントとして、「LINE@」を使う方法があります。

この記事では設定方法から、使う上での注意点について、初心者にもわかるようにやさしくまとめました。

以前紹介した「並行世界」のアプリを使わなくても、正式な方法で、ラクにできるのでぜひ試してみて下さい。

 もしわからなければ
記事でわからないことがあれば、コメント欄からご質問いただいても構いませんし、窓口から直接、相談することもできます。ぜひご利用ください。  

\ネット相談60件超え/ 無料相談窓口へ行くこの記事へのコメント・質問

LINE@(ラインアット)とは?

LINE@は、ビジネス用のLINEアカウントとして提供されているものです。

よく飲食店でも、こんなマークの画像を見たことあるのではないでしょうか?

 

このLINE@は、通常の個人アカウントとは独立したものになっているので、2つめとして使うことができます。

本当は飲食店などのビジネス用だけど個人でも無料で使えるんだ。

 

LINE@を完全に使いこなすための条件「年齢認証」

全ての機能を使うためには、「年齢認証」が必要だよ。

LINE@は通常のLINEのように友達とのトークに使えますが、一つだけ条件があります。

それが「年齢認証」。キャリア(docomo、au、ソフトバンク、Y!mobile)もしくはLINEモバイルを使う必要があります。

(格安SIMのLINEモバイル)

 

後でも書きますが、アプリの登録画面で年齢認証が出てきます。これをクリアしないと個別でのトークができないので注意してください。

 

LINE@の登録方法(プロフィールの設定)

じゃあ順番にLINE@の登録方法を解説していくね。

まず、ストアアプリの「App Store」を開きます(androidの場合はGoogle Playですね)。

 

検索するのが面倒な人もいると思うので、ここでリンクを置いておきます。

LINE@App (LINEat)

LINE@App (LINEat)
開発元:LINE Corporation
posted withアプリーチ

 

「LINE@」と入力し、探します。通常のLINEとは異なり、@が大きく書かれたものになります。見つけたら、アプリをダウンロード。

 

LINE@アプリを立ち上げます。ここで、いくつかのLINE@の説明がありますが、スライドして読んでいきます。

 

以下の画面まで来たら、始めるを選択。

 

LINE@の規約が表示されるので、読んでから「同意」をタップ。

 

ここまでくると、設定画面に入ります。

設定画面に入ると同時に、年齢認証をするように言われます。

年齢認証をしないこともできますが、その場合は個別トークができないので注意してね。

次にプロフィールを細かく決めていきます。

注意点としては、写真は必須になっていること。事前に使う写真を用意しておきましょう。

LINE@はビジネスとして使うものなので、「主業種」のところに適切なものを入力します。

 

ここまで入力すると、もう一度規約の同意画面が求められます。ガイドライン、規約を読んで、同意。

 

 

ここまでで、LINE@の設定は完全に終わりになります。

お疲れさまでした。

 

LINE@の中身の設定とLINEとのやり取り方法

LINE@の設定が完了したので、2つめのLINEとして個別のやり取りの方法を解説します。

まず、ステータスの入力画面があります。

これはあくまでもビジネスとしての利用を前提としているので、必要であれば入力、必要なければスキップしてください。

トークで出てくるアイコンは最初に設定したものになっているので、LINE@で送るメッセージの画像は気にしなくてもいいよ。

 

LINE@では、共有してもらう(友達になってもらう)ために、QRコードと、URLを使うことができます。

 

QRコードを押すと、バーコードが出てきます。

このバーコードをスクリーンショットして、相手のLINEで認識してもらうだけでも友達申請できるよ。

 

QRコードを写真で送って、読み取った様子がこちらです。通常のLINEのように友達追加ができるようになります。

 

さらに、トークを展開すれば、通常のLINEのようにチャット形式にできます。

以下の画像は、年齢認証が終わってないので個別チャットができないけど認証を終えればできるようになるよ。

 

これで設定は終わりです。意外と簡単で、全部で10分もあれば、LINE@のアカウントを作ることができます

 

LINE@で設定するメリット

LINEは2つめのアカウントを作ろうとすると、Facebookで作ったり、もう一つ番号を持つ必要があります。

しかも2つアカウントを持っていても、スマホが一台だとLINEを同時起動ができません。

「LINE@」は通常のLINEとアプリが別なので、スマホ一台でも2つのアカウントを同時に持てて、人や会社に応じて使い分けができるので、とても便利ですよ。

 

デメリットは年齢認証が必要なこと

LINE@を設定する上で面倒なのは、年齢認証が必要なことです。

年齢認証を通すためには、キャリアのスマホを使うか、LINEモバイルを使っている必要があります。

LINEモバイルを除く、格安SIMではLINE@が使えないので注意が必要だね。

ワイモバイルは格安SIMですが、年齢認証ができるので安心してください。

 

注意点:個別トークは無制限だが、全体送信は1000通まで

この記事を見てる人は、個別トークをつかうことが目的の人が多いだろうけど、一応注意点を書いとくね。

LINE@はビジネス用のアカウントのため、公式アカウントのように「全体送信」ができます。

この全体送信は、フリープランの場合は1000通までとなっています(正確には吹き出し数と言います)。

 

またタイムライン投稿も4回までとなっています。

これはあくまでも全体送信であって、個別送信は関係なく無制限で使えます

 

1対1のトークは無制限なので安心して使えるね。

 

LINE@を使って2つめのアカウントを取得する方法まとめ

この記事ではLINE@で2つめのアカウントを取得する方法を紹介しました。

最初のうちは2つあると、ちょっとややこしい部分もありますが、慣れると用途別に使分けれて快適ですよ。

LINEをうまく使い分けて、快適なアプリライフを送ってね。

LINE@App (LINEat)

LINE@App (LINEat)
開発元:LINE Corporation
posted withアプリーチ

 

今格安SIMを使っていて、年齢認証できない人は・・・

既に格安SIMを使っている人は・・・、LINEモバイルかY!mobileに乗り換えるしかありません

LINEモバイルなら、今格安SIMを使っていてもほとんど同じ値段で乗り換えられます。

MNP乗換するなら、LINEモバイルのキャンペーン情報をチェック。数カ月無料で使えることもあるよ。

 

LINE@でなくても他のチャットアプリを使いたい人はチャットワークで

LINE@は便利ですが、もともとビジネス用途が強いため、個人では制限されることが多くなっています。

相手側のチャットツールがLINE以外をインストールしてもらえるなら、おすすめはchatwork(チャットワーク)。

 

無料で写真以外も送れて、クローズドで使えるチャットツールですよ。

登録はメールアドレスだけでできて、専用スマホアプリもあるので使いやすいよ。使い方をまとめているので、ぜひ見てみてね。

参考 【チャットワークとは?】ChatWorkの初心者向け使い方ガイド(LINEとの違いも解説)

相談一覧

タイトルとURLをコピーしました